急なトラブルも早期解決|交通事故のトラブルは弁護士の相談しよう

男性

経験が重要です

事故

すぐに紹介してもらえます

最近では高性能な自転車がブームとなっていることもあり、歩行者と自転車による交通事故が増加する傾向にあります。とくに交差点付近での接触事故は多発しており、なかには未成年者が加害者となってしまう交通事故も数多く報告されています。このような自転車事故の厄介な点は加害者の保険加入率が低い点です。これまで自転車は日常の足として利用されてきた側面があるため、車輌としての認識が低く保険加入の重要性が認識されていないことが原因として考えられます。交通事故の被害にあったときにはケガの補償などを求めてゆくことになりますが、相手側が保険に未加入の場合は交渉が遅々として進まない場合があります。このような保険未加入者との事故トラブルに巻き込まれた際は、東京の弁護士会に相談して交通事故に強い弁護士を紹介してもらいましょう。自分で依頼するのではなく弁護士会に相談して紹介してもらう理由は、ひとくちに弁護士といっても得意としている分野は人によって異なるからです。事故処理の経験が豊富な弁護士かどうかは事務所のプロフィールだけでは判断できませんが、東京の弁護士会に相談すればすぐに適切な人材を紹介してくれます。交通事故に精通している弁護士に相談すれば、相手が保険に加入しておらず交渉が難航している場合でもスムーズに事故解決へと導いてくれます。東京で自転車事故による被害にあった場合は、東京の弁護士会に相談して事故解決に強い弁護士を紹介してもらいましょう。

税金を減らすには

計算

法人税は法人の利益に対して支払う税金で、国際基準からみた場合に未だ高い税率となっています。法人としては節税をし、内部留保を厚くしたい意向がありますが、節税方法は色々あります。近年注目されているのは生命保険の活用で、利便性が高いと言えます。

離婚考える

割れたハート

離婚にあたっては弁護士に相談をするケースが一般的ですが、離婚にあたっては知識や経験が必要ですので、離婚専門の弁護士がいます。離婚は精神的に負担もかかる上に長期に及ぶ場合があります。依頼をする際は費用も考えた上で、親身になって相談にのってもらえる弁護士を選ぶ事が大事です

借金が膨らんだ場合

計算

債務整理は自己破産・個人再生・任意整理とありますが、複数の借入があり返済等で首がまわらなくなった場合に弁護士や司法書士に相談をして行うものです。まずは借金で過払い請求が可能かどうかを確認し、現在の金利に引き直しをした後に債務整理を検討します。